youkantoe

Blenderのジオメトリノードメモ

2020 / 5 / 2

全体

  • 割と使いどころが難しいものが多い気がする

位置

  • グローバルのポジション基準
  • 違うオブジェクトでも同じ位置という値を共有し、かつトランスフォームに左右されない(テクスチャ座標ノードのオブジェクトは影響される)ので、全体に統一のある表現とかするときにとても強そう

    • 例えばフォグとか
  • かなり使いやすい(個人的に
  • 例えば、高さに応じた表現とか、奥行きに応じた表現とか良さげ
  • 逆に、ここのオブジェクトごとに独立しないので、そういうタイプのものは苦手かも

image

ノーマル

  • 法線(スムースならスムースになります)

タンジェント

動画のスクショで申し訳ないのですが、まさにこれという感じだったので…。

ノーマルに対して、垂直なものがタンジェントなのですね。

image

円が一番わかり易いですね。

image

本来の法線

  • 法線(スムースでもスムースにならない)

入射

  • おそらくカメラとの角度によって値が決まるっぽい
  • あまり使いみちがわかってないのですが、結構便利そうだなぁと思っている
  • 一様の色というわけでなく、カメラの角度によって微妙に色が変わる模様
  • これと似た、カメラポジションをvec3で得るノードグループあったけども、そっちのが便利そうかも
  • X+で赤色に、Y+で緑色に、Z+で青色になります

animation

見てみると、結構斜めのときに、一番色が出ていることがあるので、なぜなんだろう?と思った。

image

image

とにかく、カメラ角度によって値が変化するのは確かそうではある…。

面上の座標

  • 使い所が難しそう

後ろ向きの面

  • まんまですね